児童手当の金額 【2018年】

児童手当の金額 【2018年】

これからもらえる児童手当の金額についてまとめました。

 

児童手当の金額は、受給者ごとに0歳以上18歳に到達してから最初の年度末までの間にある児童の数に応じて決定されます。
19歳以降は児童の数として数えられません。

 

実際に児童手当がもらえる児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)となります。

 

もらえる金額を年齢別に表にまとめました。

 

2018年3月5日時点の情報です。

年齢区分   年齢区分の詳細  子の順位 手当月額 
0歳から3歳未満 出生の翌月から3歳に到達した月  ―  15,000円
3歳から小学生

3歳に到達した翌月から
12歳に到達した年度の3月まで

第1子、第2子  10,000円
3歳から小学生

3歳に到達した翌月から
12歳に到達した年度の3月まで

第3子以降   15,000円
 中学生

12歳に到達した年度の3月の翌月から
15歳に到達した年度の3月まで

 ―  10,000円
所得制限世帯   5,000円

※第1子、第2子などの数え方は、0歳の子どもから、18歳に到達した年度の3月31日を迎えていない年齢までの子どもの人数を、年齢が上の子どもから順に数えます。

 

すでに18歳に到達した年度の3月31日を迎えた子ども、施設に入所している子どもは第1子、第2子などを数える対象となりません。
※申請のあった翌月分から支給されます(過去の分を支給することはできません)

 

所得制限世帯では一律、今のところ5000円もらえます。
子どもが産まれたら申請しないと、児童手当はもらえませんので児童手当の申請をしましょう。
また引越しをしても(違う市)、児童手当の手続きをしないといけません。

 

 

スポンサーリンク

page top