スポンサーリンク

子育て世帯臨時特例給付金

ここでは子育て世帯臨時特例給付金についてまとめています。
2014年度は児童一人当たり1万円がもらえるこの制度。どんな内容で、誰がもらえるのか、申請方法をまとめました。

 

 

子育て世帯臨時特例給付金とは

 

 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。
 また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。
 (平成25年度一般会計補正予算(第1号)(平成26年2月6日成立))

 

 

支給対象者

 

 基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。

 

 

対象児童

 

 支給対象者の平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の対象となる児童を基本とします。ただし、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象者及び生活保護の被保護者等は対象外

 

 

もらえる金額

児童一人当たり1万円

 

引用:厚生労働省HP

 

 

子育て臨時給付金 平成27年度

2015年(平成27年度)は消費税の再増税の10%が伸びたので、臨時給付金は中止されるといわれましたが、減額して3000円程度の給付になりそうです。
消費税10%に上がる時期は2015年10月から1年半延びて

 

2017年4月からの予定です。

 

消費税増税はとにかく伸びたのは、個人的には嬉しいですが、中止して欲しいのが本音です。
みなさんはどうでしょうか。
また臨時給付金は低所得者向けのほうも2015年度は減額はされますが行われるようです。

スポンサーリンク

子育て世帯臨時特例給付金記事一覧

平成27年度の子育て世帯臨時特例給付金について。2015年は減額となった子育て給付金について申請方法・もらえる支給金額・支給日等をまとめました。また2016年情報ですが、なくなるようです(2016年1月6日時点)まずはこの子育て世帯臨時給付金のそもそもの目的はなんでしょうか?子育て給付金は消費税率の引き上げに対して、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置...

子育て世帯臨時特例給付金はどうやったらもらえるのでしょうか。もらい方、申請手続きの方法をここでは紹介します。2014年度のものです。2015年に関しては分かり次第追記しますね。国の厚生労働省のHPではこう書いています申請手続支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。 申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成...