スポンサーリンク

児童扶養手当について

児童手当と似たような名称で児童扶養手当という制度が各自治体によって設けられています。

 

児童扶養手当とは一人親で子供を育てている家庭に支給される手当の事です。

 

子供のいる世帯全体の貧困率が15%に対して一人親家庭の貧困率は50%を超えるというデータがでています。(2012年のデータ)

 

一人親の貧困家庭への対策として設けられている制度のため、たとえ一人親でも所得の高い家庭は支給する事ができませんが、経済的に苦しい一人親家庭にとってはありがたい制度ですね。

 

ここでは児童扶養手当の申請方法、対象者、支給日、支給金額などをまとめていますので参考にして下さい。

 

児童扶養手当 コンテンツ

 

スポンサーリンク

児童扶養手当について記事一覧

一人親家庭にとって経済的に助かる児童扶養手当ですが、自動的に支給されるわけではありません。お住まいの市町村役場に申請する必要があり、申請するには認定請求書を提出しなければいけません。仮に受給資格があったとしても、申請をして認定されなければ支給する事はできません。一人で子供を育てている方で申請していない方は早速申請しましょう。申請する際には住民票や戸籍謄本などの提出を求められると思いますが自治体によ...

児童扶養手当は離婚や死別などにより、18歳に達する日以後の最初の3月31日を向かえていない子供を育てている一人親が対象となります。以下は横浜市の支給要件を参考にしました日本国内に住所があって、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者、又は20歳未満で政令の定める程度の障害の状態にある者)を監護している母、父、又は、母もしくは父に代わって児童を養育している人...

児童扶養手当は指定された金融機関の口座に振り込まれます。振込みの通知はありませんので各自で確認してください。支給月日は4月(12,1,2,3月分)8月(4,5,6,7月分)12月(8,9,10,11月分)の一年を3回に分けて振り込まれます。一般的には支給月の11日が多いようですが児童手当と同じように自治体によって前後のズレはあるかもしれませんので、お住まいの自治体に確認して下さい。児童扶養手当 支...

児童扶養手当の受給資格者にとって一番気になるのは支給金額ですね。支給金額を算出するためには、まず「所得」を計算しなければいけません。大阪市の児童扶養手当のHPを参考にしてみますので詳しくはこちらを見てください。またお住まいの市区町村でもほとんどこのように分かりやすいHPがありますので確認して下さい。所得の計算方法はこちら所得額=年間収入金額−必要経費(給与所得控除額等)+養育費−8万円(社会保険料...

児童扶養手当の支給金額が増額されることになりました。児童扶養手当は母親一人、父親一人で子どもを育てている一人親のための支援制度です。児童手当と児童扶養手当は異なる制度なので注意が必要です。条件さえクリアしていれば児童手当と児童扶養手当の両方の制度から支援を受けれます。そんな児童扶養手当の第二子以降の支給金額が2016年8月から二倍となることが決定しました。所得の低い一人親の家庭に対して第2子以降の...